ギャンブル中に食べるのに最適な食べ物とは?

何も食べずに空腹時だけギャンブルをする方が良いことが、多くの研究者によって証明されています。オランダのユトレヒト大学が行ったギャンブル研究では、数人のギャンブラーに一晩夕食を抜いた後、朝食も食べずに朝からギャンブル行為に参加してもらいました。その結果、夕食と朝食を抜いたギャンブラーは、他の参加者と比較して長期的な報酬評価と最適な意思決定を示したことがわかりました。このため、空腹時にギャンブルをすることをおすすめします。もし空いた時間に空腹を感じて何か食べたいのなら、ギャンブル中におすすめの食べ物は次の通りです。

ギャンブル中に最適な食べ物:

  • ブルーベリー –ギャンブル中に食べるのに最適な食べ物といえば、まず考えられるのがブルーベリーです。ブルーベリーには多くの抗酸化物質、特にフラボノイドが含まれており、記憶力を維持し、最高の賭けをするために脳の機能を高めることができます。カジノやスポーツギャンブル愛好家が最高の認知機能を得るには、朝の時間帯にブルーベリースムージーを摂るとよいことが多くの研究でわかっています。
  • アボガド–ギャンブル中の食べ物として次におすすめなのがアボガドです。アボガドの総カロリーの77%は脂肪分によるものですが、脳の健康には有効です。アボカドを食べることは、認知活動や記憶力の向上に大きく役立ちます。この果物に含まれるゼアキサンチンやルテインなどの抗酸化物質は、周囲に目を配らせて、ギャンブルにより集中するのに非常に役立ちます。
  • 脂がのった魚(青魚)–脂がのった魚や脂肪の多い魚にはオメガ3脂肪酸が多く含まれているため、食べるとギャンブルでの成功に役立ちます。またこれらのオメガ3脂肪酸は、精神的なパフォーマンスや記憶力を高める効果もあります。

カジノで食べたいその他の食べ物:

  • ブロッコリー–ブロッコリーは記憶力と認知力を向上させ、ギャンブルへの集中力を持続させる効果があります。緑黄色野菜であるため、コリンなどの栄養素をより多く摂ることができ、スキルの向上に役立ちます。スポーツやギャンブル中にブロッコリーを食べると、記憶力や筋力、注意力を高めることができます。
  • ほうれん草–脂がのった魚を好まない場合はその代替品としてほうれん草が最適です。葉酸とビタミンEの供給源となり、ギャンブル中の記憶力を向上させることができます。
  • ベイクドポテト–カジノセンターではギャンブル中の休憩時間に食べる食事としてベイクドポテトを購入できます。ベイクドポテトは食べると空腹を解消できて、勝つための記憶力向上も期待できる素晴らしい食べ物です。

ギャンブル中に食べるのに適した食べ物としては、他にクルミ、ダークチョコレート、緑茶などがあります。これらの食品は、エネルギーをアップさせ、集中力を高め、ギャンブルに勝つための精神集中をもたらしてくれます。コーヒーはエネルギーを高めてくれるものの記憶機能を低下させるため、ギャンブル中には飲まないでください。

About Author

admin


連絡先詳細 :

+81 3-3476-2941

yoshii@tokushima-burger.com

住所 :

20-15 Udagawacho | Humax Pavilion Shibuya Koen St. 8F, Shibuya 150-0042, Tokyo Prefecture